スマートフォン版サイトを見る
よくあるご質問

ご質問

インプラント

オーラルケア

ホワイトニング

顎関節症

矯正

歯周病

親知らず

知覚過敏

虫歯

入れ歯

美容診療

Q1インプラントでの保険適用するためにはどうすればよいでしょうか。

A1

残念ながら、現在保険が適用できるインプラントは存在しません。厚生労働省が保険適用と認めるまで待つしかありません。

このページのトップへ

Q2抜歯をしてから2-3週間ほど放置している状況です。汚れやかすがたまったりしているような気がするのですが影響があるとしたらどんなものが考えられるでしょうか。

A2

食べかすが長期間放置されることにより、雑菌が繁殖して歯茎に感染することがないとは言えません。心配であれば洗浄してもらいましょう。

このページのトップへ

Q3インプラントを入れる場合の一本当たりの一般的な費用を教えてください。

A3

骨の状態や、全身状態にもよりますが、1本20~50万ぐらいの費用になると思います。

このページのトップへ

Q4前歯が入れ歯です。インプラントに変えたいのですが、可能でしょうか?

A4

全身状態や骨の状態が良好であれば可能です。骨の状態によって必要な処置が変わりますので、ご相談ください。

このページのトップへ

Q5ブリッジで治療した歯を、インプラントに変えたいと思っています。費用は1本あたりどのくらいかかるのでしょうか?

A5

骨の状態にもよりますが、1本20~50万ぐらいの費用になると思います。まずはご相談ください。

このページのトップへ

Q6先日抜歯をしました。入れ歯かインプラントを進められて悩んでいます。メリットやデメリットはありますでしょうか。

A6

入れ歯は安価で比較的短期間で手軽に作ることができるメリットがありますが、違和感が大きく食べ物を飲み込みづらくなったり、発音しづらくなったりします。また、残っている歯に金具をかけて支えますので、将来その歯が入れ歯で揺らされて抜けることが多いです。インプラントは高額で治療に期間がかかりますが、また歯が生えたように違和感なくしっかり噛むことができるようになります。

このページのトップへ

Q7見た目のことを気にしてインプラントを考えています。インプラントをすることで他の健康な歯に影響は出ないでしょうか。

A7

歯が無くなった場所への処置としては、インプラントが最も他の歯に影響がないと思われます。ブリッジは両隣の歯を削りますし、入れ歯は両隣の歯に金具をかけるので、その歯の寿命は短くなります。

このページのトップへ

Q8インプラントは自然な歯とはケアの仕方や汚れのつき方は違うものなのでしょうか。だとしたらそのケア方法も知りたいです。

A8

汚れの付く場所はだいたい同じですが、ケアの仕方は違いますので、詳しく習ってください。あと、セルフケアのみでは充分なお手入れができませんので、定期的なクリーニングを受けるようにしてください。

このページのトップへ

Q9インプラントにしようか迷っています。ですが、医院によってもインプラントの価格に幅があるのはなぜですか。使っているものの質や自由診療だからでしょうか。

A9

自由診療だからです。美容院でカット料金が違うのと同じで、だいたいの相場はありますが決められた価格は存在しません。

このページのトップへ

Q10歯茎が上がったり、下がったりする一般的な原因とその治療について教えてください。

A10

歯茎が上がる一般的な原因は、歯周病により歯茎が腫れ上がるからです。歯茎が下がる一般的な原因は、歯周病により歯茎が破壊されるからです。また、間違った歯の磨き方により歯茎が下がることもあります。治療は原因によって異なりますので、まずは詳しく調べることからになります。

このページのトップへ

Q11最近予防歯科というワードをよく聞きますが、予防歯科とは一般的に何をするのでしょうか。

A11

予防歯科とは、虫歯や歯周病にならないように、磨き残しを取り除いたり、磨き残さないように歯磨きのトレーニングを行うことです。ます。虫歯や歯周病にならないように、定期的にクリーニングや歯磨きのチェック、自分に合った歯ブラシの相談などを行います。その結果、80歳を超えても20本以上の歯が残り、入れ歯になる人はほとんどいません。欧米では約8割の人が予防処置のために歯科医院に来院され日本では約9割の人が虫歯や歯周病の治療のために歯科医院に来院されます。歯磨きの方法は小学生で習ったのが最後なので、基本的に皆さん自己流の磨き方をし、自分で選んだ歯ブラシでなんとなく磨いている気になっています。その結果、虫歯はともかく日本人の8割が歯周病にかかり、80歳になるまでに歯が10本以下に減り、入れ歯を入れなければ食事ができなくなります。欧米から見ると、日本の医療は発展途上国と変わらないことをしているわけです。

このページのトップへ

Q12親が子供(4歳)の歯を磨く時に、気をつけた方が良いポイントを教えてください。また年齢によって気を付けるポイントはありますか。

A12

フロス(糸ようじ)は必ず使用しましょう。歯と歯がくっついている部分は、歯ブラシでは絶対に磨けないため、虫歯になることが多い場所です。年齢にかかわらずフロスを使うかどうかで虫歯になりやすさがかなり変わります。

このページのトップへ

Q13以前、歯磨きの際に歯ブラシで舌を磨いてはいけないという話を聞いたことがあるのですが、実際はどうなのか知りたいです。また磨いてはいけない場合どうしてダメなのか、どのように舌のケアをすればいいのかも教えてほしいです。

A13

絶対に磨いてはいけないということはありませんが、歯ブラシで磨きすぎると舌の表面に余計な刺激が加わり続けることにより、ガンなどの病変を誘発する原因になる可能性があります。舌用のブラシなどを用いて、適切な磨き方を教わるようにしましょう。

このページのトップへ

Q14学生のころに歯医者に行ってからしばらく行っていないのですが、一般的に定期検診はどのくらいの頻度で行けばいいですか?

A14

長期間歯医者に行かれていないのであれば、歯周病になっている可能性があります。まずは歯周病のチェックをしてもらいましょう。定期健診の頻度は、それぞれのお口の衛生状態によって変わります。きれいな状態が維持されていれば年に1~2回程度、そうでなければ1~3か月に1回程度が目安となりますが、まずは今の状態を調べるようにしましょう。

このページのトップへ

Q15歯科医師さんは1日の歯磨きの回数、一回の所要時間、特に歯磨きで気をつける点はあるのか、歯科医師になる前と後で歯磨きで変化したことはあるのかといった歯科医師さんのリアルな歯磨き事情を知りたいです。

A15

歯磨きは、回数や所要時間に関係なく、キレイに磨けていれば問題ありませんし、磨き残しがあれば虫歯や歯周病になるだけです。磨き残した場所は、必ず毎日磨き残します。定期的なチェックをされていないのであれば、もしかしたら磨いたことのない場所もあるかもしれません。そんな場所が悪くなるのは当たり前ですよね。比較的きれいに磨けている人で、約20%の磨き残しがあると言われています。虫歯や歯周病がある人は、50%以上の磨き残しがあります。私の場合、歯科医師になる前は毎食後頑張って磨いていましたが、歯科医師になってからは、そんなことよりも定期的にクリーニングして、磨き残しをチェックしてもらうほうが重要と考えています。

このページのトップへ

Q16毎食後、歯磨きとデンタルリンスを併用しているのですが、虫歯予防と口臭予防の効果は歯磨きだけと比べるとどれほど高くなるのでしょうか?

A16

少しマシという程度です。虫歯も口臭も、口の中にいる細菌が原因ですので、細菌の数を減らさないと予防はできません。デンタルリンスよりも、定期的に磨き方のチェックをしてもらいに歯科医院に行った方が効果は高いです。

このページのトップへ

Q17一般的な虫歯予防に効果的な歯磨き方法を教えてください。

A17

フロス(糸ようじ)を使うことです。あとは、日本人の歯磨きは全員自己流ですので、歯科医院で正しい磨き方を直接教わるのが一番手っ取り早いです。

このページのトップへ

Q18歯周病や口臭予防にリステリンの効果が高くなる使い方、タイミングなどを教えてください。

A18

歯周病や口臭予防にリステリンが直接効果を及ぼすことはありません。どちらも口の中にいる細菌が原因ですので、細菌の棲み処になっている磨き残しを物理的に取り除く必要があります。磨き残しは誰にでも必ずありますので、歯科医院で磨き残しを減らすための歯磨きを教えてもらいましょう。

このページのトップへ

Q19フロスを毎日使って歯の隙間のケアをしています。ですが歯に隙間ができないか心配です。毎日使っても大丈夫でしょうか?またどのくらいの頻度で使用するものなのでしょうか。

A19

歯の隙間はフロスを一時的に通した程度でできるものではありません。隙間ができるとすると別に原因があります。ですので、1日1回以上必ず使うようにしてください。

このページのトップへ

Q20歯肉炎予防におすすめの歯磨き粉はどういう成分が入っていればいいのですか?

A20

歯肉炎は、お口の中にいる細菌が原因で起こります。ですので、歯磨き粉に入っている成分で予防することはできません。それよりも、正しい磨き方で磨き残しなくきれいな状態を維持すれば、極端ですが、水だけで磨いても歯肉炎を予防できます。

このページのトップへ

Q21歯を磨くこと以外に歯石を予防するいい方法があれば教えてください。

A21

フロス(糸ようじ)を使用することと、定期的に歯科医院で歯の磨き方をチェックすることです。すべての場所を磨き残しなくきれいに磨けている人は、実は1人もいません。

このページのトップへ

Q22一年に一度は検診に行くようにはしているのですがそもそも歯石除去ってどれくらいの頻度で行けばいいでしょうか?

A22

そもそも歯石を付けないようにする必要があります。歯石が付いているあいだはその場所が磨けなくなりますので、少しずつ歯石の周辺が悪くなります。歯石を付けない歯の磨き方を習得するために、歯科医院で教えてもらいましょう。

このページのトップへ

Q23学生です。歯磨きをするといい時間やタイミングがあったら教えてください。

A23

一番大切なタイミングは、寝る直前です。お口の中にいる細菌は寝ている間に最も増殖しますので、寝る直前になるべく減らしておく必要があります。

このページのトップへ

Q24若い頃に比べて口臭や虫歯が気になってきています。年齢が上がるとともに気をつけた方が良い口内の病気や、口臭予防などのオーラルケアの方法について教えてください。

A24

30歳以降、歯周病になる可能性が格段に上がります。日本人の8割が歯周病にかかっていますが、痛みがない病気なので気づいていない人がほとんどです。日本人は歯磨きの仕方を教わったのが小学生までなので、歯磨きレベルは全員小学生並みです。つまり、全員磨き残しがあります。さらに、磨き残した場所は必ず毎日磨き残しています。一度も磨いたことのない場所もあるかもしれません。ですので、歯科医院で磨き残しのチェックと正しい磨き方を教わってください。

このページのトップへ

Q2541歳のサラリーマンです。先日、歯医者で数年後に総入れ歯になると言われました。治療はしますが、セカンドオピニオンではないですが、他の歯医者さんの意見も聞きたいと思い投稿します。治療後に気を付けるべきことはなんでしょうか?

A25

治療後がいつのことを指すのかわかりかねますので、とりあえず言えることとしては、数年後までに全部歯を抜かなければならないような治療はしないほうがいいです。

このページのトップへ

Q26壮年期における歯のオーラルケアの種類やその料金について知りたいです。

A26

クリニックによってオーラルケアのやり方が違いますので、料金もかなり幅があると思います。予防歯科に力を入れている歯科医院で、最適なケアを相談されてください。

このページのトップへ

Q27毎年ホワイトニングをしているのですが、ポリリン酸のように痛くなくて、一度に効果の出るホワイトニングはありますか。またその持続性はどれくらいでしょうか。

A27

ホワイトニングの効果は個人差がかなり大きいです。どの薬剤を使っても、一度に効果が出る人と出ない人がいます。食生活や歯の質に左右されますので、持続性も数日~数年と幅があります。

このページのトップへ

Q28私は毎日、コーヒーを3,4杯程度飲みます。歯をできるだけ白く保つ方法や、コツなどがあれば、是非知りたいです。

A28

食生活によって左右される部分はありますが、歯を白く保つためだけに食事などを制限するのはどうかと思いますので、コツとして色の濃いものを長時間口の中にとどめておかない、口にしたら早めにお水を飲んだりすることをお勧めします。

このページのトップへ

Q29マウスピースタイプのホームホワイトニングなどがありますが、実際に歯科医院でやるのとどちらの方が効果的なのでしょうか。一般的な値段等も含め総合的にアドバイスを頂きたいです。

A29

基本的には髪のカラーリングと同じように考えていただければと思います。ホームホワイトニングは安価で簡単にできますが、正しく使えているかどうかを確認する手段がありませんので、どのような結果になるか分かりません。オフィスホワイトニングは少し価格が高いですが、効果が出るまで安全に行いますので、安心感はあるかと思います。

このページのトップへ

Q30ホワイトニングには自宅でできるものやクリニックに行くもの、マウスピースをはめるものなどいろいろありますがどれが良いのか正直わかりません。選ぶ際のポイントなどはありますか。

A30

何を重視するかがポイントです。安全性や確実性を重視するならクリニックで、低価格や簡便さを重視するなら自宅(マウスピース)が良いと思います。髪のカラーリングと同じように考えてください。

このページのトップへ

Q31ホームホワイトニングは初回に一度診察を受けたらその後は自宅ケア(薬を塗る)だけでいいのか?その後も通院が必要なのか?医院によって違いがあるのか?

A31

ホームホワイトニングは、基本的に自宅で使うマウスピースを作ったら、後は自宅で使うだけとなります。ただ、マウスピースは型を採って作りますので、基本的に通院は2回(①型を採る、②お渡しする)です。

このページのトップへ

Q32自宅でホワイトニング歯磨き粉の使用しています。通常の歯磨き粉とホワイトニング歯磨き粉の違いや、ホワイトニング歯磨き粉を使用時の注意点などを教えてください。やはり研磨剤が入っていると歯や歯茎を傷つけてしまうのでしょうか。

A32

成分がよくわかりませんが、通常の歯磨き粉と同じような使い方をしてください。研磨剤は歯を傷つける原因になりますが、問題は歯磨き粉ではなく歯磨きの方法にあります。正しい歯の磨き方をしている人はほとんどいませんので、歯科医院で教わってください。

このページのトップへ

Q33ホワイトニングは、なぜ病院によって料金にばらつきがあるのですか?すごい安いところは他と何が違うのでしょうか。

A33

ホワイトニングの薬はたくさんの種類があります。それぞれ値段も違います。髪のカラーリングが美容室によって料金にばらつきがあるのと同じです。

このページのトップへ

Q34歯医者になかなかいけないので普段からホワイトニング用の歯磨き粉は使用してます。それ以外で自宅でホワイトニングできる方法はありますか?

A34

自宅でできるホームホワイトニングというものがあります。歯科医院でマウスピースを作って自宅で薬剤を使うものや、通販で全部購入するものもあります。

このページのトップへ

Q35毎日コーヒーやお茶などを4~5杯飲むので、歯を磨いても色が気になることがあります。市販のものを使って予防や対策する方法はありますか。

A35

歯科医院で定期的なケアを受けるのが一番ですが、市販のものにこだわるのであればホームホワイトニングを試してみてはいかがでしょうか。

このページのトップへ

Q36保険適用内でのホワイトニングはありますか?ある場合、一般的な費用を教えてください。

A36

保険診療は病気に対する治療にしか適用できません。歯の色が変わるのは病気ではありませんので、治療する必要もありません。ですので自由診療となります。費用はクリニックや薬剤の種類によって全然違いますので、お問い合わせください。

このページのトップへ

Q37ホワイトニングにかかる費用は、1本あたりどのくらいなのでしょうか?それからだいたいかかる期間も教えてください。2週に一回くらいなら通えます。

A37

ホワイトニングの種類によります。オフィスホワイトニングであれば、最短1回で終わります。費用は薬剤の種類で違いますので、お問い合わせください。

このページのトップへ

Q38通院できないので歯磨き粉に重層を入れて歯磨きをしています。セルフホワイトニングのデメリットがあれば教えてください。

A38

基本的には髪のカラーリングと同じように考えていただければと思います。ホーム(セルフ)ホワイトニングは安価で簡単にできますが、正しく使えているかどうかを確認する手段がありませんので、どのような結果になるか分かりません。オフィスホワイトニングは少し価格が高いですが、効果が出るまで安全に行いますので、安心感はあるかと思います。

このページのトップへ

Q39友人がホワイトニングを行った際に、喫煙者だったせいか、きれいに白くならずしましまになってしまいした。喫煙者や普段からよくコーヒーを飲む人とそうでない人ではホワイトニングに差が出るのでしょうか。

A39

そもそも歯の色が変わってしまう原因として普段日常的に口にしているものが大きいです。コーヒーやたばこはホワイトニングの効果減少や早期後戻りの原因となります。

このページのトップへ

Q40ホワイトニングすると歯がしみるようになったなど聞いたことがありますが、一般的にホワイトニングした人のどれくらいの人がなりますか。またならないようにする方法とはありますか。

A40

歯がしみるような薬剤を、歯がしみるような使い方をすれば、必ずしみるようになります。歯がしみにくい薬剤を、歯がしみないように気を付けて使えば、ほとんどしみることはありません。

このページのトップへ

Q41食べ物を噛んだり、あくびをしたり、笑ったりすると顎がガクガクします。痛くはないですがとても気になります。常になっているわけではなく、たまにガクガクいいます。普段の生活でこれを防ぐ方法はありますか?

A41

顎がカクカクと音を鳴らすのは顎関節症の症状のひとつです。これは主に普段の生活のクセが原因となります。最も多いのが頬杖で、次にうつぶせ寝ですので、心当たりがあれば意識してやめるようにしましょう。

このページのトップへ

Q42顎関節症の治療について一般的な治療方法をいくつか教えてください。

A42

まず最初に、顎関節症の種類を把握します。最も多い種類の顎関節症であれば、原因である日常的なクセ(頬杖、うつぶせ寝など)を治すことで改善することがほとんどです。

このページのトップへ

Q43高校3年生です。中学3年の時に、口が開きづらく顎が痛かったため病院に行き顎関節症と診断されました。その時はストレッチのようなもので症状を軽くしました。顎関節症になるそもそもの原因は一般的にどのようなものがありますか。歯並びや口の形も関係しますか。

A43

これは主に普段の生活のクセが原因となります。最も多いのが頬杖で、次にうつぶせ寝ですので、心当たりがあれば意識してやめるようにしましょう。歯並びや?み合わせが関係していることもありますので、クセを改善しても再発するのであれば、歯科医院で相談しましょう。

このページのトップへ

Q44口を開けるときに音はするのですが食べるときは痛くないです。でも動いたり、振動したりすると顎が痛くなります。これは顎関節症と関係はあるんでしょうか?

A44

口を開けるときに音がするのは、顎関節症の症状のひとつです。顎が痛くなるのも顎関節症の症状です。早めに治療しましょう。

このページのトップへ

Q45二年くらい前から顎関節症でマウスピースや顎のマッサージを行なっているのですが治りません。ほかに治療方法などはございますか。

A45

治らないのは診断か治療法が間違っている可能性が高いです。大学病院の口腔外科に紹介してもらい、精密に検査された方がいいと思います。

このページのトップへ

Q46小学2年生の子供が今います。矯正を行う時期は子供のときからの方が良いと聞いたことがありますが、本当でしょうか?子供のときに行うと大人になったときずれたりしないでしょうか?

A46

6歳ぐらいから矯正するのが良いと思います。そもそも歯並びが悪くなる原因は、子供のころに正しい生え代わりができなかったことにあります。小児矯正は、乳歯から永久歯へスムーズに生え代わることができるように、あごの成長を促進させたり、スペースの確保を行ったりします。大人の矯正は、成長が終わってスペース足りない分、歯を抜いて無理やり歯を動かすことが多いので、根本的に内容が違います。

このページのトップへ

Q47下の歯と上の歯の八重歯の部分矯正したいのですが、一般的にどのくらいの期間と料金がかかりますか?

A47

八重歯の場合、部分矯正でできないことが多いので、矯正治療を行っている歯科医院で相談された方がいいと思います。

このページのトップへ

Q48小学生の子供の矯正では何を基準に考えたらいいでしょうか?色々な人に話を聞くと、長い期間通院するため、立地は重要と聞きますが、近いだけでいいものなのでしょうか?小児は対応しているのか?費用は?期間は?何を優先したらよいか教えてください。

A48

まずは矯正の相談をし、説明を受け、不安を感じないようならそれでいいと思います。少しでも不安を残した状態で始めると、たいてい後悔します。長い付き合いになりますから、先生との関係が最も重要だと思います。

このページのトップへ

Q49親知らずが生えている状態でも矯正はできますか?(親知らずは4本全部生えていて痛くありません)

A49

もちろん矯正は可能です。ただ、矯正治療中に親知らずに痛みが出て、治療が必要になった場合、矯正器具を外さなければならないことがあります。今は痛くなくても、今後痛くなる可能性はありますから、よく相談されてください。

このページのトップへ

Q50矯正は成人になってもできるのでしょうか。またその場合、一般的な期間と相場、目立たずにできるのか教えていただきたいです。

A50

矯正は、小児矯正と成人矯正があります。年齢制限はありません。期間は平均して1年程度で、その後は保定(後戻りを防ぐ)を行います。今は矯正の方法もたくさんありますので、相場も矯正方法によって変わります。

このページのトップへ

Q51以前耳が痛く、難聴になり耳鼻科に行った際に噛み合わせが原因と言われました。後日歯科医でマウスピースを作って通っていたのですが、引っ越してしまい、手元にマウスピースだけ残っています。止めてしまうとまた戻ってしまうのでしょうか。難聴を予防するには歯列矯正をするべきでしょうか。

A51

かみ合わせが原因なのであれば、原因を除去しない限り治ることはありません。マウスピースは一時的に症状を抑えるために作ったと思われますので、やめると症状は出てくると考えられます。難聴はおそらく治っていませんので、予防というより治療のために歯列矯正は視野に入れたほうがいいと思います。

このページのトップへ

Q52歯の矯正をしようと考えているのですが、以前歯医者さんに相談しに言ったときに、「顎関節症が悪化していて奥の歯が全部横に倒れているから手術が必要だね」と言われました。歯の矯正と顎関節症の治療を両方同時に行うといくらかかりますか?おおよそでいいので教えていただきたいです。

A52

まず、顎関節症が悪化して奥歯が倒れることはありません。手術に関しては、歯に対してなのか顎関節に対してなのかが分かりませんので、お答えしかねます。

このページのトップへ

Q53前歯を矯正したいと思っています。上の歯だけでしたらいくらくらいかかるのでしょうか?

A53

上の歯だけを矯正すると、全体的な?み合わせが崩れ、食事ができなくなる可能性があります。まずは相談されてください。

このページのトップへ

Q54顎が小さい、移動させるだけのスペースがないなどの理由で抜歯をしなければならない人もいることは理解できますが、健康な歯を抜かずに矯正することは出来ないのでしょうか?

A54

歯並びが悪くなる原因は、生える歯の大きさ(幅)を全部足した長さが、顎の大きさよりも大きくなってしまうからです。

このページのトップへ

Q55現在、矯正を始めて約半年です。少し前から歯茎が弱くなっているような気がします。爪楊枝で歯の間を掃除しているときに歯茎が上に上がってしまい(歯と歯の間にあった歯茎が付け根側に収縮してしまった感じ)、この先矯正が終わるころに戻るのか不安です。通っている歯医者さんに聞いたら「大丈夫」とのことでしたが、本当に大丈夫なのでしょうか。

A55

まず、爪楊枝を使うことがよくありません。歯科医院で爪楊枝を使うように指示されたのでしょうか。正しい清掃の仕方を教わるようにしましょう。また、矯正中に歯茎が根の方向に移動してしまうのは、清掃不良による歯周病が原因である可能性が高いです。必要であれば治療しましょう。

このページのトップへ

Q56前歯の歯並びが気になるのですが、あまり見られたくないので歯の裏からやる矯正が気になってます。通常の矯正と比較したこれのメリットデメリット、価格帯など知りたいです。

A56

メリットは当然、目立たないということです。デメリットは、裏側には舌がありますので、発音する際に邪魔になり、うまくしゃべれなくなる可能性があります。価格帯は、通常の矯正より10~15万円ほど高くなると思われます。

このページのトップへ

Q57矯正で保険適用される場合があると聞きました。どのような場合に保険適用になりますか。また、適用されない治療とはどのように違いますか。

A57

病気が原因であれば、保険が適用されます。最も多いのが、「顎変形症」という病気です。顎の形が通常とは違うために、歯が正常に並ばないという状態であれば、病気の治療目的ですので保険での矯正が可能です。この場合、顎の形を整えるために手術が必須となります。病気の治療ではなく、見た目の改善を目的とした矯正は全て自由診療となります。

このページのトップへ

Q58矯正をしていてもう外す段階まで来ていると思うのですが、なかなか外してくれません。他院で矯正器具を外してもらうことは可能でしょうか。

A58

矯正器具を外す段階なのかを判断するのは矯正医です。患者さんの自己判断は非常に危険です。後戻りや異常な歯の移動が起きて、矯正が失敗しても自己責任で良いということであれば、対応してもらえるクリニックがあるかもしれません。ちなみに、当院では担当矯正医からの紹介状がない限り、お断りさせていただいております。

このページのトップへ

Q59一般的な矯正器具は日常の会話や食事でどの程度影響しますか。

A59

なるべく影響しないように工夫されていますので、ほとんど影響しないことが多いです。ただ、処置内容によっては一時的に噛めなくなる可能性がありますから、矯正医の話をよく聞いてください。

このページのトップへ

Q60なぜ歯並びが悪くなるものなのですか。

A60

歯並びが悪くなる原因は、生え代わりの時期に、生える永久歯の大きさ(幅)を全部足した長さが、顎の大きさよりも大きくなってしまうからです。

このページのトップへ

Q61妊娠中の矯正はどのような影響がありますか。

A61

特に影響はありませんが、抜歯をしなければならない場合や、レントゲンを撮影しなければならない場合に注意が必要ですので、よく相談されてください。

このページのトップへ

Q62歯周病予防として歯石の除去をした方がいいと聞きますが、どのくらいの頻度で行なった方がいいでしょうか?また、自宅でのケアだけでなく、定期的に通院した方がいいですか?

A62

まず最初に、歯石の除去は歯周病の予防処置ではありません。歯肉炎を含む歯周病の原因は、歯と歯茎の境目がしっかり掃除できていないことで、お口の中にいる歯周病菌が歯茎に感染を起こすことです。歯石が悪さをするのではなく、歯石が付くことによって磨けない場所ができてしまうのが一番の原因になりますので、歯石が付いてから除去するのを繰り返していると、少しずつ歯周病は悪化していきます。歯周病を予防するには、まず正しい歯磨きの仕方を習得し、歯石が付かない状態を維持することです。すべての場所を完璧に磨けている人は1人もいません。欧米では歯科医院に来院される人の約8割が、定期的に磨き残しのチェックと歯磨きの練習のために来ています。虫歯や歯周病の治療に来る人は2割しかいません。その結果、80歳を超えても歯が抜ける人はほとんどなく、入れ歯になる人もほぼいません。

このページのトップへ

Q63歯茎の腫れが気になっています。歯周病の予防について具体的に教えてください。

A63

歯茎が腫れているのであれば、すでに歯周病になっている可能性が高いので、予防より先に治療をされた方がいいと思います。治療が終わりましたら、再発しないように予防する必要があります。歯周病を予防するには、まず正しい歯磨きの仕方を習得し、歯石が付かない状態を維持する必要があります。すべての場所を完璧に磨けている人は1人もいません。

このページのトップへ

Q64定期健診で1本だけの歯周病と診断。神経の無い虫歯治療済みの奥歯だったので抜く事になりましたが、骨粗鬆症治療薬を3年以上服用しているので3ヶ月後(薬は中断)の5月に抜歯となっています。ところが痛み止めの薬を渡されているものの歯茎は膿で膨らんで歯磨きすると出血したりで不安になってきました。このまま抜歯までほって置いても良いのか教えていただきたいです。

A64

まず最初に、1本だけ歯周病ということはあり得ません。歯周病は歯の病気ではなく、歯茎の病気だからです。歯茎はお口の中ですべてつながっています。お口の中の歯茎が歯周病菌に感染し、歯周治療がうまくいかなかった(していない)ために抜かなければならない歯が出てきたということです。ここを理解しておかないと、将来すべての歯が無くなってしまう可能性があります。抜かなければならない歯の周囲にある歯茎は強い炎症があり、その歯茎はお口の中全体でつながっていますので、放置していると周囲の歯の歯茎や骨も破壊されていきます。他の歯を守るためにも継続して治療することをお勧めします。

このページのトップへ

Q65右下奥に親知らずがあり周囲炎を起こしてしまいました。痛みが三日ほど前からそれほどのひどい痛みではありませんが出始めました。今日、昨日と朝痛みのため起こされました。カロナールを1錠飲むと痛みは抑えられています。明日が埋伏知歯のメンテナンスの日ですがそれまで痛み止めでしのいでいて大丈夫でしょうか?すぐにでも歯医者を受診したほうがいいでしょうか?

A65

痛みがあるのに我慢する必要は基本的にないと思います。ご自身でメンテナンスできない親知らずは、抜いたほうがいいのではないでしょうか。

このページのトップへ

Q66歯周病になりやすさなどはあるのでしょうか。

A66

簡潔に申しますと、お口の中にいる歯周病菌の数で、歯周病のなりやすさは違います。調べる手段がありますので、歯科医院へお問い合わせください。ただ、程度に寄りますが、日本人の8割以上が歯周病になっていますので、自分は大丈夫と考えないほうがいいと思います。

このページのトップへ

Q67侵襲性歯周炎について教えてください。私はその症状が出ている気がしていて、気になっています。

A67

侵襲性歯周炎は、歯茎に炎症は少ないのに、骨だけが急速に破壊されていく歯周炎です。一般的な歯周病原菌とは異なる細菌が原因となります。診断はレントゲンと細菌検査で可能です。短期間で歯が抜けるほどグラグラしてくるのが特徴ですが、その症状があるなら直ちに歯科医院を受診されてください。

このページのトップへ

Q68親知らずがうまく磨けているか不安なので、親知らずが虫歯にならないための磨き方やコツを教えて頂きたいです。

A68

現代人のあごの形は、昔と比べてかなり小さくなっていますから、親知らずは生えてこれなかったり、生えてきても物理的に磨けなかったりすることが多いです。生え方によって磨き方を変えないといけませんが、どのような生え方をしているのかは実際に見てみないとわかりませんので、歯科医院で教えてもらってください。

このページのトップへ

Q69智歯周囲炎になってしまいました。抗生物質と消毒で一旦は治りましたが、おやしらずがある限り、また再発する可能性はあるのでしょうか。また、根本的な治療をする場合は、おやしらずを抜くしかないのでしょうか。治療方法や通院期間、費用などについてお教えください。週に1度の通院と考えています。

A69

智歯周囲炎は薬で治せるものではありませんので、高確率で再発します。どのような位置関係なのか調べないと分かりませんが、一般的には抜歯になります。通院期間や費用も親知らずの状態によって変わりますので、歯科医院でお尋ねください。

このページのトップへ

Q70親知らずは抜くという習慣がありますが、特に痛くない場合は抜かなくても大丈夫でしょうか?

A70

我々は習慣で親知らずを抜いているわけではありません。親知らずもしくはその手前の歯や歯茎に何らかの異常があったり、トラブルを起こしそうな状態である場合に抜歯のお話をします。痛くないから異常はないとは限りませんので、一度歯科医院で調べてもらいましょう。

このページのトップへ

Q71親知らずを抜いた後、歯の位置が変わって歯並びが悪くなると聞いたのですがそれを防ぐにはどうすればいいのでしょうか。

A71

そのような話を聞いたことはありませんが、親知らず以外の歯を抜くことになってしまった場合、抜いて放置していると周囲の歯の位置が変わっていきます。それを防ぐには、その場所でまた噛めるように処置をする必要があります。

このページのトップへ

Q72腫れる人腫れない人いるかと思いますが、親知らずを抜いて腫れる人はどれくらいの期間腫れますか?

A72

一般的に、2日かけて腫れてきて、1週間かけて引いてきます。ただし、術後感染が原因で腫れた場合はその限りではありません。

このページのトップへ

Q73知覚過敏の治療は一般的にどのようなことをするのでしょうか。

A73

そもそも知覚過敏になってしまった原因の除去から始めます。歯ぎしりや食いしばりなどが主な原因ですので、それの改善をする必要があります。

このページのトップへ

Q74そもそもの原因はなんですか?

A74

歯ぎしりや食いしばりなどが主な原因です。寝てる間などにかみしめたりすることにより、強い力がかかって歯がきしんで欠けてしまったりすることで起こります。

このページのトップへ

Q75私は歯ぎしりがひどく、知覚過敏の痛みに悩んでいます。現在、かかりつけの歯医者で治療してもらっているのですが、なかなか治りません。対処法として知覚過敏に効果のある歯磨き粉を使用、歯医者にてコーティングをしています。それ以外の対処法はございますか。

A75

対処だけでなく、原因の除去はされているのでしょうか。薬剤の塗布で改善しないなら、詰め物をしたり、それでも生活に支障が出るなら歯の神経を取る場合もあります。ただ、原因を除去しない限り、根本的な解決はできないと思います。

このページのトップへ

Q76知覚過敏を予防するのにはどうすればよいでしょうか。

A76

歯ぎしりや食いしばりがないかどうかをチェックしてもらい、必要なら症状が出る前に治療することです。歯や歯茎の形を見れば、過剰な力がかかっているかがわかります。

このページのトップへ

Q77ケーキなどの甘いものを食べたときに奥歯が痛くなることがあります。表面的には虫歯にはなっていないように見えますが、どうしてなのでしょうか。すぐに治療が必要ですか?

A77

虫歯は硬い表面を残して、柔らかい中身だけが溶かされます。ある日突然、薄皮一枚残った表面が割れ、大きな穴が開きます。その直後に激しい痛みに襲われます。痛みは異常のサインです。それなりの大きさの虫歯の可能性がありますので、早めに治療しましょう。

このページのトップへ

Q78虫歯を治療し、詰め物をした後に、歯の根の先に膿が溜まってしまいました。根っこの治療が必要と言われてしまいましたが、どうすればこれを予防できたのでしょうか。

A78

まずは、そもそも虫歯にならないように、定期的に歯磨きのチェックを歯科医院でしてもらうことです。虫歯の治療が必要になってしまったのなら、金属は選ばないほうが良いでしょう。金属は温度により変形を起こし、歯との間に隙間ができ、汚れが入って磨けない状態になり、次の虫歯が発生します。

このページのトップへ

Q79過去に虫歯治療で神経を抜く治療をした歯が、甘いものを噛んだときに痛んだり、冷たいものが沁みたりします。神経を抜いたはずなのに・・・また虫歯・・・?と思いながら、普段は痛まないのでそのままにしています。これは虫歯なのでしょうか。

A79

よくある話ですが、神経の治療をした歯と症状が出ている歯が別である可能性が高いです。すぐに歯科医院で治療してもらいましょう。ちなみに、神経を抜いたから虫歯にならないということはありません。

このページのトップへ

Q80根幹治療は大体何回くらいするものなのでしょうか。

A80

理想は1回です。根管治療の目的は、歯の根の中に入った細菌をゼロにすることなので、1回目で終わらないと、次に処置するまでに細菌が増殖したり、仮の蓋が取れて新しく菌が入ってしまったりします。ただ、状況(歯の形や感染状況)によっては全ての作業を終わらせるのに数時間かかったりしますので、現実には難しいところがあります。

このページのトップへ

Q81虫歯で歯医者に行き治療をした際、神経を抜いたことがありますが神経抜くことのメリット・デメリットを教えていただきたいです。神経を抜いた歯は欠けやすくなったり、抜けやすくなったりするのでしょうか?

A81

神経を抜くことのメリットは特にありません。歯の神経がある場所には、一緒に血管もあります。つまり、神経がある歯には血が通っています。歯に通っている血液は歯に栄養を与え、歯の強度を保ったり、酸などの刺激で溶かされかけた歯の表面を修復したりします。神経を取り除くと血管も無くなってしまうので、少しずつ歯の強度が落ち、割れたり折れたりしやすくなります。折れ方によっては歯を残すことが困難になります。神経を抜いた歯は、将来抜かなければならなくなる可能性が高いということです。

このページのトップへ

Q82忙しくて歯医者さんに通えない時や行くまでに時間が空いてしまった時、歯が痛み出したらどうしたらいいですか。痛みを和らげる方法や、やってはいけない方法などはありますか。

A82

年中無休、もしくは24時間運営しているクリニックを探しましょう。歯の痛みには色々ありますので、痛み止めが効かないのであれば処置をするしかありません。

このページのトップへ

Q83ブラッシング以外の虫歯予防に効果的なメンテナンス方法を教えてください。

A83

フロス(糸ようじ)を使って、歯と歯がくっついている場所を磨くことです。歯磨きよりも重要ですので、是非毎日やっていただければと思います。

このページのトップへ

Q84虫歯なのか固いものを食べた時に欠けたのかわからないですが、奥歯に穴のような溝のような凹みがあり、いつも舌で触ってしまうくらい気になるのですが、これは虫歯なんでしょうか?その場合、普通の通院で削ってもらうことは可能でしょうか?特に痛みや腫れもないので、行くかどうかすごく迷っています。

A84

虫歯かどうかは実際に見てみないと分かりません。大きな病気ではなさそうなので、入院する必要などなく、普通の通院で大丈夫だと思います。痛みや腫れがある虫歯は、相当ひどい末期に近い状態です。初期の虫歯は見た目にもわかりづらく、症状は何もありません。ご自身で見つけることは困難ですので、どちらにせよ歯科医院でチェックしてもらいましょう。

このページのトップへ

Q85何年も前に奥歯の虫歯治療で詰め物をしました。詰め物の周りの歯が薄くなってきているように感じるのですが、次に治療するときには差し歯になってしまうでしょうか?

A85

状況がよくわかりませんが、差し歯(今はあまり行われません)になるほどの虫歯は相当ひどい状態です。確認してもらいましょう。

このページのトップへ

Q86虫歯が原因で引きおこす病気にはどんなのがありますか?教えてください。

A86

まず虫歯自体が、歯に虫歯の原因菌が感染して起こる病気(感染症)です。感染症ですので他の人に移ります。病気が原因になる病気はありませんが、代表的なものとして、虫歯の原因菌が副鼻腔に入り込んで炎症を起こすのを、「歯性上顎洞炎」と言います。他に、虫歯の原因菌が顎の中の隙間に入り込んで炎症を起こすのを「蜂窩織炎」と言います。

このページのトップへ

Q87一般的な詰め物をする場合、価格はどのくらいかかるのか知りたいです。

A87

一般的な詰め物にも色々種類があります。詰め物の形や範囲によって価格は変わります。自由診療の場合はクリニックによって価格が違いますので、治療法を決める際に聞いてみてはいかがでしょうか。

このページのトップへ

Q88治療をして2週間ほど経ちますが、食事中や冷たいものがしみます。治療後はじめの頃はしみるからと言われ我慢していましたが2週間経っても治らないことありますか?

A88

よくあります。歯を削ると、歯の表面から神経までの距離が近くなり、しみるようになります。しばらくすると、神経の内側に壁ができ、しみにくくなるような反応が起きます。しみなくなるまでの期間は、どれだけ削ったかによって変わりますが、だいたい1~3か月程度で落ち着いてくると思います。

このページのトップへ

Q89キシリトールはなぜ虫歯予防に良いとされているのですか。

A89

虫歯は、虫歯の原因菌が砂糖などを取り込んで酸を出して歯を溶かすことでできてきます。キシリトールは甘味料ですが、虫歯の原因菌に取り込まれることがないため、酸を出すことが出来ず、歯も溶かされることがありません。簡単に言うと、虫歯菌のエサにならないから虫歯にならないということです。

このページのトップへ

Q90根幹治療をしている奥歯がかけてしまいました。治療で空洞になった上に歯軋りで大きく欠けてしまったのですが諦めて抜歯するしかないのでしょうか。多分根っこは無事だと思います。

A90

今の歯科治療では、根が折れてさえいなければ抜歯になることは滅多にないと言われています。早めに根管治療を終わらせるようにしましょう。

このページのトップへ

Q91なぜ歯並びが悪くなるものなのですか。何度も行く必要があるのでしょうか。

A91

どの時期のことかわかりかねますが、歯並びが悪くなる原因は、乳歯から永久歯へ生え変わる時期に、顎がうまく成長しないことにより、永久歯が生えるスペースが確保できないことによります。何度も行くというのは矯正治療のことでしょうか。小児矯正と成人矯正で処置内容が違いますが、どちらも1回では終わりません。

このページのトップへ

Q92初めて入れ歯にしました。寝ている間も入れ歯はずっと入れたままでよいのでしょうか。

A92

寝ている間に入れ歯が外れて飲み込んでしまい、救急車で搬送された事例が数多くあります。起きている間はなるべく着けて、寝るときは外して洗浄剤などに漬けておきましょう。

このページのトップへ

Q93使用している入れ歯が落ちて欠けてしましました。接着剤などでくっつけて問題なく使用できていますがあまりよくはないのでしょうか。

A93

どのような欠け方をしたかにもよりますが、ご自身で付けられた場合位置がずれていることがあり、そのまま使用していると?み合わせもずれてくることがあります。問題ないかチェックしに行かれた方がいいと思います。

このページのトップへ

Q94インプラントとテレスコープ義歯の違いについて教えてください。

A94

インプラントは、顎の骨に人口の歯根を埋め込み、もう一度歯が生えたように戻す治療法で、義歯ではありません。テレスコープ義歯は、歯を削って特殊な形にし、専用のかぶせ物を付けて、その上に義歯を入れる方法ですが、歯を犠牲にして義歯を安定させる古い方法ですので最近はほとんどやっていないと思います。

このページのトップへ

Q95前歯が欠けてしまいました。今週末にオーディションがあるので、仮の歯か差し歯で応急処置できればと思っています。どういう方法があるか知りたいです。

A95

どのような欠け方をしたかによります。少し欠けた程度であればその部分だけ埋めるのが手っ取り早いですし、大きく欠けたのであれば、かぶせる形で仮歯になるかと思います。差し歯(今はあまりやっていません)は最終的な処置なので、応急処置としては不可能です。

このページのトップへ

Q96小さい頃から歯が弱く、歯並びも悪いため、すぐに虫歯になったり グラグラの歯になってしまいます。おなじように、若くして歯を失った方、入れ歯やインプラントをされている方、いらっしゃいますか?噛み合わせや使い心地はどのような感じなのでしょうか?

A96

歯が弱く、歯並びが悪い方でも、しっかりメンテナンスをしている方は虫歯や歯周病にならずにいられます。歯を失ってからのことを考える前に、歯を失わないための予防処置をされたほうが良いと思います。歯並びに関係なく、虫歯や歯周病、事故などで歯を失う方はいらっしゃいます。入れ歯やインプラントになりますが、所詮人工物ですので、当然ながら天然の歯ほどしっかりは噛めません。歯を失わないための努力をお勧めします。

このページのトップへ

Q97虫歯になり、セラミックの歯を入れる予定です。ただ、種類がありすぎてどれが自分にあったインプラントなのか分かりません。一般的なセラミックの選び方を教えて欲しいです。

A97

まず、セラミックはインプラントではありません。インプラントは歯を失った場所に入れるものです。一般的というより、最善のセラミックの選び方は、ご自身が何を重視するかをよく考えることです。見た目(天然の歯と見分けがつかない)を重視するのか、耐久性(壊れない)を重視するのか、価格(安さ)を重視するのか、価値観は人それぞれですから、担当の先生としっかり相談されてください。

このページのトップへ

Q9813歳の娘のホワイトスポットの治療についてお伺いしたいです。前歯2本の先端部分に、2ミリ強のかなり目立つホワイトスポットがあります。オーラループによる治療も試したのですがほとんど効果がありませんでした。そこでダイレクトボンディングという治療を検討しているのですが、年齢的に無理でしょうか?その他に、少しでも目立たなくなる治療法などありましたら教えていただきたいです。

A98

ダイレクトボンディングは、歯を削って詰める治療法です。詰める材料は強化樹脂になりますので、経年劣化で変色して目立つ可能性があります。そもそも虫歯ではない歯を削るという治療はあまりお勧めはできません。今は削らなくてもホワイトスポットを縮小(消失)させる薬剤が出ています。取り扱っている歯科医院でご相談ください。

このページのトップへ

Q99銀歯は年々劣化するので付け替えるべきという意見と、歯を削るので付け替える必要はないという意見を聞きました。もし劣化するのなら付け替えたいのですが、本当でしょうか?

A99

どちらの意見も間違ってはいません。金属は基本的に熱によって変形を起こします。歯に付けている銀歯も例外ではありません。人間は毎日熱いものや冷たいものを口にしますので、銀歯も毎日伸び縮みしています。銀歯を付けてから1~2年すると、変形により歯との間に目では確認できなぐらいの隙間ができてきます。その隙間は磨くことができないので、虫歯になるのを待つ状態になります。5年経過すると、おおよそ半分ぐらいが虫歯になっています。個人的な意見になりますが、銀歯は虫歯を作る原因になりますので、わざわざ外して新しい銀歯にする必要はないと思います。もし付け替えるなら、金属以外を選択したほうがいいと思います。

このページのトップへ

100セラミック治療のメリットデメリットや費用の相場について教えてください。

100

メリットは、歯の色の詰め物ができることと、金属のように熱で変形する材料ではないので虫歯予防に効果があることです。デメリットは、高額なことと、歯科医師の技量の差が大きく出ることです。セラミック治療にも色々ありますから、どの治療かによって相場も違います。クリニックにお問い合わせください。

このページのトップへ

他にもご質問などがあれば、専用のLINEアカウントにて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

LINE友だち追加
engage   友だち追加

※LINEでも予約受付をしていますので、電話が繋がりにくい際はご利用下さい。

墨田区ドクター


大きな地図で見る


web予約 フッ素塗布 矯正治療 歯科恐怖症外来 ドックスベストセメント オーラル・ダイエット ドクタースタッフ紹介 よくあるご質問