スマートフォン版サイトを見る
虫歯予防/フッ素塗布
小さなお子様の虫歯予防に効果的なトレー法を導入しています。

日本は、予防歯科後進国です

定期的に歯科検診・クリーニングを受けている人の割合は、スウェーデンが90%、米国が80%、英国が70%と高いのに比べ、日本ではたった2%しかいません。70歳になった時の残存歯数は、スウェーデンが20本、米国が17本、英国が15本ですが、日本は8本と大変少ないです。欧米では虫歯や歯周病の予防のために、多くの人が歯科医院を活用されています。欧米が「虫歯や歯周病にならないために、健康で美しい歯を維持するために利用するところ」であるのに対して、日本での歯科医院は「虫歯などで歯が痛んだらいくところ」。つまり日本は、予防歯科後進国なのです。歯は一度失うと二度と生えてくることはありません。末永くご自分の歯で美味しく食事をとって頂くために、ぜひ一度、当院に定期健診にお越しください。

フッ素塗布に効果的なトレー法とは

 

フッ素塗布の効果は歯に塗る事により歯質を強化して虫歯菌の出す酸に強くなります。また、初期の虫歯を再石灰化で修復したりする効果があります。フッ素塗布は3ヶ月に1回の塗布をおすすめします。トレー法は、フッ素を塗るだけの場合に比べて非常に虫歯予防の効果が高いとされています。

フッ素塗布の効果

 

効果的にフッ素塗布をすることにより、「歯」と「お口の中の細菌」に作用する3つの効果を得ることができ、虫歯になりにくい口内環境になります。
  1. 歯の質を強化し、酸から歯を溶けにくくする
  2. 唾液中に含まれるミネラルの沈着を促進し、再石灰化を助ける
  3. 酸の生成や虫歯菌の増殖を抑える

■乳幼児・子どもへの効果
「生えたばかりの乳歯や永久歯」は、歯の質が弱く、虫歯になりやすいため、 フッ素を塗ることにより、高い虫歯予防の効果を得ることができます。

■成人への効果
歯周病や部分入れ歯の使用によって、あごの骨や歯ぐきが痩せてしまい、通常は歯ぐきで 覆われている歯の内部のセメント質や象牙質が露出してしまうことがあります。セメント質や 象牙質は、エナメル質よりも虫歯になりやすいため、歯ぐきが露出してしまった場合には、 フッ素を塗ることで虫歯のリスクを下げることができ、虫歯になりにくくなります。

このページのトップへ

友だち追加

※LINEでも予約受付をしていますので、電話が繋がりにくい際はご利用下さい。


大きな地図で見る


web予約 フッ素塗布 矯正治療 歯科恐怖症外来 ドックスベストセメント オーラル・ダイエット ドクタースタッフ紹介 よくあるご質問