スマートフォン版サイトを見る
ドックスベストセメント
「健康な歯、輝く白い歯を手に入れたい」
そんな思いにカルミアデンタルクリニックはお応えします

ドックスベストセメント=ほとんど歯を削らない最新治療法

 

Doc’s best cement(ドックスベストセメント)治療とは、虫歯になった所にドックスベストセメントという薬を詰めて治す治療です。このセメントはアメリカで開発され20年近くになり、その有用性、安全性、継続性が実証されています。 日本には数年前から普及してきました。ドックスベスト法を導入している歯医者さんでは、通常の歯医者さんに比べ、神経を取るケースが今までの5分の1になっているとも言われています。

ドックスベストセメントによる治療の仕組み

 

成分に銅、亜鉛、リン、鉄、アルミ、酸化チタンなどが含まれ、銅が殺菌作用の主をなし、他のミネラルは虫歯で感染した歯の再生に使われます。銅は、昔から殺菌法のひとつとして幅広く用いられ、微量でも殺菌力が強いことが知られています。触媒によりイオン化した銅は細菌の細胞壁に吸着浸透し、細菌の生命活動を阻害し死滅させる働きがあります。



⇒初期むし歯の場合
削る量が少ないので、そのまま白いプラスチックの詰め物をするので、ドックスベストセメントを使用する必要はありません。

⇒少しだけ進んだ虫歯の場合
通常は、虫歯をしっかりと取りきるために大きく歯を削ります。一方、ドックスベストセメントを使用する当院では、虫歯の部分以外はほとんど削り取る必要性はないので、大事な歯を、なるべく削らないで済ませることができます。また、神経付近の歯をほとんど削らないので、治療時に歯が痛みが少ないというメリットもあります。

⇒神経まで達する深い虫歯の場合
通常、歯の神経をすべて取ってしまい、ゴムの詰め物をします。一方、ドックスベストセメントを使用する当院では、神経まで達しているむし歯の部分を除去しないで、ミネラルは虫歯菌を殺菌する成分を半永久的に出し続けるドックスベストセメントを詰めます。


ドックスベストセメントのデメリット

残念ながら、虫歯がとても大きい場合や神経の奥深くまで虫歯菌が達してしまい、我慢できないくらい痛みがあるなどの状態によって、この治療が出来ない場合があります。また、歯の中の虫歯菌は治療できますが、同じ歯が再び虫歯にならないようにはなりません。通常の適切な歯みがきを怠ると治療部分は治っていても、違う箇所から新たなむし歯が発生します。治療後も半年に一回の定期的な歯科検診が、欠かすことが出来ません。

先日、TBS系列のテレビ番組「これが世界のスーパードクター」で、ドックスベストセメントによる治療が、最新の虫歯治療法として紹介され、問い合わせが増えています。もし、ご興味ある方がいらっしゃいましたら、一度、当院までご相談にお越しください。

このページのトップへ

墨田区ドクター   友だち追加

※LINEでも予約受付をしていますので、電話が繋がりにくい際はご利用下さい。


大きな地図で見る


web予約 フッ素塗布 矯正治療 歯科恐怖症外来 ドックスベストセメント オーラル・ダイエット ドクタースタッフ紹介 よくあるご質問